キャッシング・カードローンにおける個人信用情報機関

キャッシングやカードローンを利用されるという方は、個人使用情報機関という言葉を耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか?個人使用情報機関とは、キャッシングやカードローンを利用する人の情報を収集・管理することで、個人と金融機関が適切かつ円滑な取引を行えるようにサポートしている団体です。

一般的に個人使用情報機関とひとまとめにして語られることが多いですが、加入している企業などごとに大きくCIC(指定信用情報機関)、全国銀行個人信用情報センター、JICC(日本信用情報機構)の3つに分けられています。以下では、3つの信用情報機関について詳しくみていきます。

1.CIC(指定信用情報機関)
CIC(指定信用情報機関)は、日本クレジット協会や日本信用情報センターなどが統合され設立された信用情報機関です。加入している企業は主にクレジットカード会社、信用保証会社、ローンリース会社となっていますが、近年では消費者金融、銀行などの加入も認めています。保有している信用情報数は、非常に多く更新頻度も高いことから信用情報機関の中でも信頼性が高いとされています。

2.全国銀行個人信用情報センター
全国銀行個人信用情報センターは、主に銀行で構成されている全国銀行協会により運営されている信用情報機関です。保有している情報は基本的に銀行が提供するクレジットカードや住宅ローンなどに限定されているため、CICに比べると量的には少ないものに留まります。

3.JICC(日本信用情報機構)
キャッシングやカードローンを利用される方に最も関わりが深い信用情報機関は、JICC(日本信用情報機構)です。JICC(日本信用情報機構)は、一般に消費者金融と呼ばれる貸金業法に基づき規定されている企業で構成される組織で、キャッシングやカードローンの契約情報、返済状況や自己破産、債務整理の経歴などについての情報が登録されています。

以上が個人使用情報機関の個別の詳細です。また、上記の3つの個人使用情報機関は一部、情報の交流を行っていることからキャッシングやカードローンにおいて延滞や債務整理を行った場合の情報は、クレジットカードの作成や住宅ローンの借入といった時にも影響を与える可能性があるという点を押さえておく必要があります。

このように1社の金融機関から行ったキャッシングやカードローンの情報というのは、各信用情報機関に登録され個々の企業へと提供されますので、自身の信用を傷つけてしまわないよう十分に借入や返済のプランを計画して利用するようにしましょう。